マンション

  

専門のサイト

大きなマンション

賃貸マンションは家賃や管理費を支払うことで済み続けられため、分譲マンションや戸建てなどの不動産を購入することなく、少ない費用で住居を得ることが可能です。
そのため、結婚や出産など家族が増える場合は広い部屋を、移動や転職など勤務先が変わる際には立地条件を変えることが容易に出来ると言えます。
また、違ったタイプのマンションを選ぶことで、気分を変えることもできるため、数年置きに引っ越しをされている単身の方も少なくありません。
特に最近では新築の賃貸に注目が集まり、人気のあるエリアではすぐ部屋が埋まることもあるようです。
その理由としては、最新の設備やエアコン、照明などの家電が充実していることや、綺麗な新築の住空間を堪能できるといったものがあります。

不動産を購入した場合、家賃と同額程度の住宅ローンの返済を完了してしまえば物件は資産として残ることから、賃貸マンションでの生活を続けることは購入する場合と比べて損をするのではないかと思われる方も少なくありません。
しかし、資産とは売却できて初めて財産となると言え、売れない物件を持ち続けることは、固定資産税や修繕費用などがかさみ負担になってしまいます。
特にマンションは、利便性の高い駅の近くなどといった好条件の立地のものでなければ売れにくいのが現状といえ、今後もその傾向が強くなると言え、人口減少の影響で空き家が増え続けています。
そのことから、高いリスクを背負って不動産を所持するよりも、家賃を低く抑えることで現金を貯蓄し、低リスクで資産を増やすことが可能である賃貸生活を選択する方が増えています。